老後の生活費は平均月25万円!さらにプラス10万円が安心な理由

手をつなぐお年寄り

老後の生活費はいくらかかるんだろう…

年金だけでは生活できないという声はよく耳にするので、将来自分の年金や貯金で老後の十分な生活費を賄えるか不安な方は多いのではないでしょうか。

平均的な老後の生活費は月25万円程度です。

こちらは平均的な金額なので、無理なくゆとりある生活を過ごすためには月35万円程度が必要になります。

さらにその生活費の内訳はどうなっているのか、一般に受け取れるとされる年金額や退職金のデータから収入に対していくら足りないのか、その不足分を補うために無理なくできる方法をご紹介します

ぜひ参考にしてみてください。

1 【データで見る】平均的な老後の生活費は月25万円

最初に実際の高齢者の方がどのくらいの生活費で暮らしているのか見ていきたいと思います。

ここでご紹介するものは、あくまで国が調査したデータを基にしたものですが、「みんな毎月どのくらいの支出があるのか?」「どんなことにお金を使っている?」ということが良く分かる資料も載せていますので、是非ご覧ください。

ではさっそく見てみましょう。 

1-1 平均的な老後の生活費月25万円の内訳

 

下図は、総務省統計局が公表する「平成29年の家計調査」を基に作成した、二人以上世帯の高齢者の「1ヶ月の生活費」を表すグラフです。

60歳以上の生活費

 総務省統計局「家計調査 世帯主の年齢階級別」より作成

60歳以降の平均的な生活費は25万円。

年齢が若いほど支出額が多く、歳を追うごとに徐々に減ってきて、80歳以上からはほとんど差がありません。

では1ヶ月の間でどんなことにお金を使っているのでしょうか

60歳以降の平均的な生活費の内訳と併せ、参考までに60歳未満の生活費内訳と比較してご紹介します。

生活費の内訳

総務省統計局「家計調査 世帯主の年齢階級別」より作成

高齢者の生活費で最も高い支出が「食料」で約7万円。

パッと見た限りでは60歳未満の人より食費が安いように思えますが、エンゲル係数(支出に占める食費の割合)は高齢者のほうが4%以上も高くなっています。

その代わり、衣服や履物、交通・通信費などが1/2になっており、老後の生活がどのように変化するのかよく分かります。

尚、生活費内訳の「住居」は持ち家、賃貸、給与住宅などが全て含まれた平均額です。

ご紹介した支出額は持ち家を所有しているか否かを考慮していない平均的な生活費であるということは、この後解説させていただくお話にも関わりますので抑えておきましょう。
 

2 ゆとりある生活を送るのに必要な生活費は34.6万円!

 
高齢者の1ヶ月の生活費についてご紹介させていただきましたが、あくまで実際の高齢者を対象に調査したデータですので、上記の生活費を賄えれば足りるとは限りません。

60代の方が「ゆとりある生活を送るために必要だ」と考えている金額を調べたところ、平均34.6万円という調査結果になりました。

生命保険文化センター平成28年度生活保障に関する調査「ゆとりある老後生活費」より

60歳以上の実際の生活費が平均25万円なのに対して、ゆとりある老後生活費の平均は34.6万円。

その差は何なのか見てみましょう。 

生活費の内訳2

生命保険文化センター平成28年度生活保障に関する調査「ゆとりある老後生活費」より作成

1章の生活費内訳では食費が大きな割合を占めていましたが、高齢者の本音は趣味や旅行などにもっとお金を使いたいと思っている方が多いということが分かります。

高齢者の「ゆとりある生活」というのは、若いうちにできなかったことにお金を存分に使えてこそ実現するものなのだと言えるかもしれません。

3 年金と退職金では老後の生活費は足りない

最初に老後の生活費の実態と理想と考えられる生活費を見てみました。

 

グラフなどを見て理想と現実は違うことがお分かりいただけたかと思いますが、もう一つ気になるのが「高齢者は実際にどのくらいの収入を得ているのか」ということ。

この章では、高齢者の主な収入として「年金」と「退職金」について見ていきたいと思います。

 

3-1 サラリーマンの年金は平均15万円

 

まずは「年金」です。

厚生労働省がまとめた「平成28年厚生年金保険・国民年金事業の概況」では、厚生年金や国民年金の受給額は以下のようになっています。

年金受給額 

 ※厚生年金は「受給権者」の受給額です

 参考:厚生年金保険・国民年金事業の概況

厚生年金は一般のサラリーマンの方が加入するものですが、約15万円となっています。

対する自営業者の方などが加入する国民年金は、男女別のデータはないものの平均受給「55373円」と非常に低い金額です。

どちらにしても1章でお伝えした老後の生活費25万円に対して、厚生年金も国民年金も全く足りていないという事実。

更に不安にさせるのが、1章でお伝えした老後の生活費が住居費について考慮されたデータではないという事です。

つまり、老後の生活費25万円の中には、月数万円の家賃も含んでいる人もいるということですので、そう考えると到底、年金だけでは生活することはできないということになります。

3-2 勤続35年で退職金は2000万円

続いて、定年退職の際に受け取れる「退職金」です。

退職金は、厚生労働省が公表している「平成30年就労条件総合調査」で一般にどのくらいの退職金が貰えるのか確認することができます。

勤続35年以上の方の学歴や職種別の退職金は以下のようになっています。

退職金の金額

参考:平成30年就労条件総合調査

高校卒以上の管理職ということで考えると、2000万円前後の退職金を貰っている方が多いということが分かります。

 

3-3 年金と退職金があっても毎月11.3万円足りない

 

では改めて「年金」に「退職金」プラスすれば、老後の生活費がゆとりを持てるか考えてみたいと思います。

 

20187月に厚生労働省が公表したデータでは、平成29年の平均寿命は男性81.09歳、女性が87.26歳で、平均すると約84.15歳。

仮に日本人の平均寿命を85歳とした場合、ゆとりある老後の生活費として必要な金額は以下のようになります。

 

85歳(平均寿命) - 65歳(年金受給開始) = 20年

20年(240ヶ月) × 月34.6万円 = 8304万円

 

定年退職後にゆとりある生活を送るためには、少なくとも平均寿命85歳までに8304万円必要です。

 

では、実際はどうかというと年金は毎月15万円、退職金は8.3万円(2000万円÷240ヶ月)ですから、合計しても約23.3万円にしかなりません。

ゆとりある老後の生活費月34.6万円に対して毎月11.3万円、年間にすると135.6万円足らないということになりますので、85歳まで不足分が積み上がると最終的に2712万円も足らない計算になります。

不足額のグラフ

毎月11.3万円足りないというのも決して小さな金額ではありませんし、85歳までに2700万円以上も足りないと考えると更に不安が大きくなります。

しかし、この後解説させていただく方法で毎月の11.3万円も85歳までの2712万円も確保できる可能性があります。

最後に、ゆとりある老後の生活費を確保するための5つの方法を見てみましょう。

 

4 老後のために考えたいプラス収入!ゆとりある老後を送る方法

笑う老人

ここまでの解説でご紹介したデータはあくまで「一般的な平均値」です。

受け取れる年金は働いている職種や収入額によって違いますし、退職金が出ない会社にお勤めの方もいらっしゃいます。

どちらにしても年金や退職金以外にも老後の生活費となる収入を作らなければいけません。

では老後の生活費にゆとりを持たせるために、年金と退職金以外にどのような方法で収入を得られるかご紹介します。
 

4-1 資産運用を早めに始める


早いうちに資産運用を開始することは、老後の生活費にゆとりを持たせるために大変有効な手段です。

下記の記事でもご紹介しておりますが、毎月3万円ずつでも資産運用すれば30年後には最終的に元本と利益を合わせて2000万円以上になります。

【資産運用これがおすすめ!】会社員投資初心者が始めたい3つの方法

資産運用は目先の利益を考えるのではなく、あくまで「ゆとりある老後の生活費を作るためのもの」という前提で長期的な目線で行う投資であると考えなければいけません

お金が絡むこととなると、つい直近の利益がきになってしまうものですが、定年退職を迎える直前に慌てることのないように、先を見据えた資産運用を早めに始めることをお勧めします。

 

4-2 不動産などの不労所得を持つ

 

早めの資産運用はは老後の生活費にゆとりを持たせるために重要な事ですが、もし資産運用とは別に毎月安定した収入を得たいという場合は「収益用不動産」を一つ持ってみるのも良いでしょう。 

比較的に安く購入できる中古ワンルームを1戸持っているだけでも毎月数万円の収入が見込めますので、老後の生活費にゆとりを持たせるためには一つの方法になります。

もちろん、賃貸の需要やローンで購入する場合は返済額との割合を考え、目先の儲けではなく「老後の安定収入」を目的としてしっかり物件選びをするようにしましょう。

 

4-3 リバースモーゲージを活用する

 

もしお住いの家が持ち家だとしたら「リバースモーゲージ」という方法もあります。

リバースモーゲージは、簡単に言うと「持ち家を担保にお金を借りる」というものです。

お金を借りると言うと少々気が引けるかもしれませんが、リバースモーゲージは普通の融資と違って「家を担保に毎月お金を借りる」という仕組みになっています。

また、返済は家の所有者が亡くなった後に不動産を売却することで完了しますので、毎月の返済で困ることはありません。

メリットデメリットをしっかり把握すれば、老後の生活費のためにリバースモーゲージも有用なものとなります。

 

4-4 アルバイトやパートを無理のない範囲で行う

 

さて、もし資産運用も貯金もないという場合は、やはり働くことを余儀なくされます。

しかし、高齢になってからのハードな仕事は身体に負担となりますので、無理のない範囲でアルバイトやパートなどしてみるのも良いでしょう。

近年は、国も「人生100年時代構想」という経済社会の改革に乗り出しており、長寿化している日本における高齢者雇用について積極的に話し合われています。

年金や貯金が少ないと嘆くことなく、老後に無理なく働くことで一つの生きがいになるかもしれませんね。

 

4-5 負担の少ない節約を心がける

 

老後の生活費にゆとりが持てる貯金や収入があったとしても、程よい節約は心がけるべきでしょう。

当然、いくつになっても人は物を欲するものですから、欲しい物や買いたいものがあれば、少しでも節約できていれば手に入れることは可能になります。

また、上記までにご紹介したデータでは85歳を終身としていますが、長寿化を前提にもう少し先のことまで考えると、特に欲しいものが無くてもいざという時の為に節約しながら少しでも手元にお金は残すべきでしょう。

ただ、節約の毎日で生活がつまらなくなってしまわないように、無理のない範囲でということで考えれば良いかもしれません。 

まとめ


今回は、老後の生活費について考えてみました。

ここまで色々なデータが出てきましたので簡単にまとめてみましょう。 

【高齢者の平均的な生活費】25万円

【ゆとりの老後に必要だと思う生活費】34.6万円

【年金受給額平均】約15万円(厚生年金)

【85歳までに必要なお金】8304万円

【年金と退職金の合計額】5600万円

【85歳までに足りないお金】2712万円

日本人の平均寿命は年々上がり続けていますが、最近では高齢者雇用も促進されており定年退職後も元気に働いている方もいらっしゃいます。

65歳というのはあくまで国が定めた65歳定年制を基準にした考え方であって、もっと働きたいと考えるなら70歳まで働いても良いのです。

ただやはり65歳を過ぎてのんびりしたゆとりある生活を送りたいと考えるのであれば、早めの資産運用やリバースモーゲージの活用を検討したほうが良いでしょう。

リスクを抑え効率的に運用する!20代〜40代のための資産運用セミナー【無料】

トラストセミナー
100万円を銀行に30年間預けても、たった3,000円しか増えない低金利の時代。

正しい知識をもって賢く運用すれば、資産は2倍にも、10倍にも増やせます

あなたに合った正しい方法を見つけ、暮らしをもっと豊かにしませんか。

実際に資産運用を行なっているファイナンシャルプランナーが、 表面的な「資産を増やす方法」ではなく、「稼ぐ」「貯める」「増やす」「守る」「使う」 といった切り口でお金の本質を深掘りしていきます。

特にこのようなお悩みを持つ方にご参加いただいています。
・忙しくて資産運用のことを考える暇がない
・自分に合った運用スタイルをシミュレーションしてほしい
・資産運用の種類と違いを具体的に知りたい
・お金のプロの話を聞いてみたい

・何から始めていいかわからない

セミナー参加費は無料ですので、ぜひお気軽にお申し込みください。