【物価上昇対策】インフレから個人の資産を守る方法

「インフレってなんだろう?」
「個人でできるインフレ対策ってどんなものがあるんだろう?」
「インフレへの対策や資産を守る方法が知りたい」

インフレが続くとモノの値段が上がり、「生活は大丈夫かな?」と心配になりますよね。

そんな心配しなくていいように、いまからインフレに備えて準備することが大切です。

この記事では、インフレとは何かからインフレ対策までを解説しています。

この記事を読み終えると、現状抱えている不安が解消でき、インフレに備えてなにをすべきかがわかります。

 

本記事では、下記の内容を解説します。

■個人でできる物価上昇対策

■そもそもインフレってなに?

■インフレに効果的な資産運用

 

1.個人でできる物価上昇対策

はじめに、インフレに備えて、個人でも今からできる対策についてみていきましょう。

家庭でできる対策

インフレに備えて、家庭でできる対策には、主に下記のようなものがあります。

食費
電気代
ガゾリン代
その他消耗品
携帯などの電子機器

上記の項目からもわかるように、普段わたし達が何気なくつかっているいろんなものが、インフレの影響を受けます。

そのため、インフレになると、物価が上昇し、家計に大きなダメージを与えてしまいます。

ですので、普段から家計簿などをつけるようにして、日々の支出を把握する必要があります。

ライフプランシートをつけることで、お金の流れも把握しやすいので、ぜひご利用ください。

※ライフプランシートは下記リンク先から、無料でダウンロードできますので、よろしければご利用ください。

≫ライフプランニング表テンプレートのエクセルでの作り方|人生設計シミュレーション

 

インフレは今後どうなる?

現在、日本では物の値段が上昇傾向にあります。

本来なら、インフレが起きると、金融引き締めがおこなわれ、インフレは緩やかに下降していきます。

ところが、コロナ禍の影響もあり、大規模な金融緩和がおこなわれ、金利が上がらないため、インフレが下降しません。

「インフレだと物価が上がって、景気がよくなるのでは?」と思われる方もいるかもしれません。

本来であればそうなのですが、新型コロナやロシアによるウクライナ侵攻などにより、世界情勢が不安定になっていることから、物価のみが値上がりし、景気が停滞しているのが現状です。

ただ、回復しないということではなく、景気は上昇から下降を繰り返しながら推移していきます。

しかし、記事執筆時点(2022年10月6日)では、新型コロナやウクライナ侵攻に終わりが見えず、世界情勢の今後について見通しが経っていない状況です。

今の現状からもわかるように、不安定な将来に備えて、どんな状況でも乗り越えれるよう、資産形成を考える必要があるんです。

 

2.そもそもインフレってなに?

インフレとはモノの値段が上がること

インフレとは、簡単にいうと、「モノの値段が上がる」ことです。

たとえば、現在自動販売機で130円で買える缶ジュースも、数年前は、100円で買えていました。

インフレと聞いて、悪いイメージを連想されるかもしれませんが、じつはそんなことなく、経済を発展させるためには、インフレも必要なんです。

モノの値段が上がるということは、モノを販売している企業の業績が上がるということでもあります。

そうなれば、そこで働く従業員の給料もあがり、給料が上がると家庭が裕福になり、お金をつかってたくさん買い物をするようになります。

そうやって、お金が回っていくことで、経済が活発になり、成長していくのです。

このように、インフレはなにもマイナス面だけではないことが、おわかりいただけたでしょうか?

 

インフレと円の価値について

インフレはモノの値段が上がることだけに、影響するわけではありません。

というのも、モノの値段が上がるということは、いままで100円で買えていたものが、130円出さないと買えなくなるということです。

つまり、モノの値段が上がるということは、お金の価値が下がるということでもあるんです。

たとえば、インフレになると銀行に預けている定期預金など、現金はその価値が下がってしまいます。

そのため、現金をもつより、インフレに強い資産に持ち替える人が増えているんです。

ただ、円の価値が下がるということは、なにもマイナス面だけではありません。

円の価値が下がるということは、海外では日本のモノの価値が下がるということなので、日本のモノが海外で売れやすくなるということでもあります。

そのため、輸出系の企業が繁盛します。

また、円安ドル高となり、外貨で資産形成をしている方は、資産が増えることにもつながります。

 

インフレ対策が必要な理由

景気には山と谷があり、交互にやってきます。

「それなら、今たえることができれば、インフレも終わるし、そんなに慌てなくてもいいんじゃないの?」と思われるかもしれません。

インフレ対策が必要なのには理由があります。

その理由には下記のようなものがあります。

 

・年金2,000万円問題への不安
・世界情勢の不安定からくる不透明な未来
・人生100年時代の突入により、老後資金への不安

 

今後、超高齢化社会へと突入するといわれており、2016年には一度ピークを迎えたと言われていますが、今後再び増加傾向に転じるとされています。

高齢者が増加し、それを支える若者が減少していくのでは、「老後の年金は大丈夫かな?」と不安になるのも仕方がありません。

そのため、他に頼らない、自分自身で資産を形成していくことが必要なんです。

 

3.インフレに効果的な資産運用

資産価値の低下から、将来に備える資産を確保するためには、インフレに強い資産をもつことが必要です。

株式投資

インフレに強い金融商品といえば、株式があります。

インフレだとモノの値段が上がり、モノを販売している企業の売上も伸びます。

企業の売上が伸びると、それにつられて、株価も上がるという仕組みです。

同じような仕組みで、投資信託なんかも効果的だといえます。

ただ、投資信託は自分で銘柄を選ぶことはできないので、プロに任せることになります。

「細かい計算なんて無理!」という方は、投資信託を検討してもいいかもしれません。

 

外貨預金

上記の「インフレと円の価値について」でも少しふれましたが、インフレは円の価値下落につながります。

円と外貨は相関関係にあり、円の価値が下がると、外貨の価値が上がるということになります。

そのため、円の価値が下がっている状況下では、外貨建ての資産が有利になります。

外貨建て資産には下記のような商品があります。

株式
投資信託
外貨建預金

など。

「じゃ、今からはじめようかな」と思った方もいるかも知れませんが、インフレの影響で円の価値が下がってからでは、遅いんです。

投資全般にいえることですが、「安いときに買って、値上がりのタイミングで売る」が重要です。

すでに値上がった状態で買ったとしても、あとは価値が下がるだけなので、「高いときに買って、低いときに売る」ということになり、損失がでてしまいます。

 

不動産投資

不動産はインフレの影響を受けにくいといわれています。

その理由は、金や貴金属と同じように現物資産であるため、インフレや物価上昇の影響を受けにくいという特徴があります。

また、不動産と金や貴金属の違うところは、金や貴金属は持っているだけでは、なにも生み出しませんが、不動産は家賃収入を生みます。

 

金などの貴金属

不動産と同じように現物資産の一角が金や貴金属です。

お金の価値はインフレにより値上がったり、値下がったりしますが、金の場合はあまり変動しません。

過去にあった大きな世界情勢の悪化のなかでも、金の価値は下がるどころか、逆に値上がっています。

2020年にはコロナ禍による世界経済低迷の心配から、金の需要が高まり、金の価値は過去最高に達しました。

 

参考:田中貴金属工業年次価格推移より

≫≫田中貴金属工業

まとめ

インフレが起こるとモノの値段が上がり、現金などの価値は低下します。

そのため、現物資産や海外資産を所有する人が続々と増えています。

現物資産の中でも、不動産は所有すれば家賃収入があり、売却すれば売却益が期待できるので人気です。

「そんなことをいっても、不動産投資ってどうやってはじめればいいの?」という方は、トラストの不動産投資セミナーにご参加ください。

セミナーでは初心者向けの不動産投資の仕組みから、運用方法を解説しています。

過去には、5年で年収1,000万円を実現したオーナー様のご登壇もあり、大変ご好評を頂いています。

≫トラストセミナーはこちら

 

トラストのご紹介

株式会社トラストでは、不動産投資を軸に10年間、オーナー様の資産運用・資産形成のお手伝いをしてきました。「不動産投資ってなに?」そんな方は、動画【1分で解説不動産投資とは?】でわかりやすく解説していますので、チェックしてみてください!

また当社では初心者向けに、もっと詳しい内容がわかる、セミナーを連日開催しています。

seminar-3

>>セミナーについて詳しく見る<<

「効率的な資産運用の方法が知りたい!」
「老後が心配で今からできることはなに?」
「不動産投資についてもっと詳しく学びたい!」

そんな方はぜひ、セミナーに参加してみてください!参加者が資産運用に役立つ知識を提供しています。

仕事が忙しい方には、オンラインからでも参加可能な、Webセミナーがオススメ!すでに多くの人が、着実に資産を増やしはじめています。いつはじめるかで、他の人との差がついてしまいます。この機会に、ご自身の未来設計を真剣に考えてみてはいかがでしょう?興味がありましたら、お気軽にご参加ください。

>>セミナーについて詳しく見る<<

 

  ▼会社員公務員が副業でできる資産形成!    ▼自分に向いた資産運用を無料で診断   
▼オススメの資産運用を無料診断   ▼会社員公務員が副業で資産形成!