大家さんになるには100万円あればOK!月20万円以上を稼ぐには

女性 初心者

大家さんになって毎月家賃収入で生活できたらどんなに楽しいだろう・・

なんて思ったことある方は多いのではないでしょうか。

でも実際大家になれる人は何千万という資産家じゃないの? 

そんなことはありません、実は100万円あれば大家さんになることは可能です。 

他にも国家試験に合格する必要も特別な許可を得る必要もありません。

実際にサラリーマンや会社員として働きながら、大家さんとしての顔を持つ方は意外と多いのです。 

今回は、会社勤めの方でも大家さんになれるということや、大家さんに向いている人、成功するためのコツも解説します。

最後には具体的な手順もまとめていますのでぜひ参考にしてみてください♪ 

1 会社員なら100万円あれば大家になれる!

会社員 
大家さんデビューするには、まずは資金として100万円が必要です。なぜ100万円で大家になれるかというと

サラリーマンで安定した収入があれば不動産を購入するのにローンを活用できるからです。 

今は超低金利の時代、不動産ローンは組みやすくなっていますから、できるだけローンを活用することをお勧めします。

不動産購入には何千万というお金がかかりますが、ローンを活用すると100万円程度で始められ、何千万を貯金で貯めるよりも資産を増やすスピードが速くなるというメリットがあります。

ちなみに大家になるには、物件の頭金の他に以下の諸費用がかかります。

2000万円の物件をローンで購入した場合の諸費用の目安

仲介手数料(売主物件の場合かかりません)・・約71万円
印紙税・・約3万円
司法書士費用・・約10~30万円
銀行のローン事務手数料・・約5~15万円
他諸経費・・約5~20万円

またこれらの諸経費に加えて、例えば入居者を失って収入が途絶えたときなどに備えるための余剰資金もいれて最低でも50万円は手元に残しておきましょう。

売主物件であれば仲介手数料がかからないので100万円あれば不動産投資をスタートすることが可能です。

また不動産といっても戸建、一棟アパート、区分マンション(マンション一部屋単位)、駐車場、倉庫・・など色々あります。

この中でサラリーマンの方で本業を持っている方が大家さんデビューするのに一番簡単なのは「区分マンション」です。

さらに「東京都心の中古区分マンション」でのほうがいいでしょう。

なぜなら物件価格が低く、リスクが比較的低いから。

詳しくはこちらの記事に書いていますので参考にしてみてくださいね。

中古マンション投資に取り組むべき理由と成功へ導く3つのポイント【解説つき】

2 大家さんになるための「資格」はいらない!

家と男性
自己資金を持っていたとしたら、次にやることは「資格」や「営業許可」を取ることでしょうか。

いえ、むしろすぐにでもワンルームマンションを買って大家さんを始めてしまっても良いでしょう。

大家さんを始めるのに資格取得は必要なく、市役所などで許可や免許を取る必要もありません。

不動産を買ったら、賃貸として人に貸してあげれば良いだけなのです。 

3 実は大家業は他の人にまかせられる

「会社員として忙しいのに、大家さんと両立できなさそう…」 

そんな不安があっても問題ありません。

確かに「大家業」を営むとなれば、以下のような仕事が待ち受けています。 

・入居者の募集
・家賃の回収と管理
・入居者からの問い合わせやクレーム対応
・退去後のクリーニングや修繕
 
etc…

これらの仕事も「賃貸管理会社」に任せることができ、あとは大家さんとして「毎月家賃が振り込まれたか」を通帳などで確認するだけ。

大家さんって、意外とやることが少ないんです。 

4 成功して稼いでる大家さんに多い3つの特徴

黒板と星

大家さんになるためには、

・100万円あればなれる
・資格や許可は不要
・賃貸管理会社にまかせたら意外とやることが少ない

ということがわかりました。

これなら会社員で忙しい人も大家さんになれそうですよね。 

ただ、大家さんに向いている人もいれば向いていない人もいます。 

4章ではどんな人が大家さんに向いているのか解説したいと思います。 

4-1 会社員や公務員で安定収入がある方

大家さんを始めるとなれば、物件を購入するための資金が必要です。

先ほどお伝えしたとおり、少額の資金だけでも用意して銀行の融資を活用すれば物件を購入することができます。 

ここで問題となるのが「融資を受けられるかどうか」です。 

融資を受けやすい人のとしては、サラリーマンや公務員といった安定収入のある方で勤続年数が3年以上です。

勤続年数は目安としては3年以上ですが、場合によっては1年で融資を受けられる方もいます。 

4-2 アイディアを考えるのが好き

大家さんを「人に家を貸す仕事」として見た時に、入居者さんに喜ばれるアイディアを考える必要があります。 

例えばお店で働いていたとして、お客様に来店プレゼントや粗品をお渡しすると喜んで貰えますし、貰った側も得した気分になりますよね。

それは大家さんも同じ。

「入居者さんにどうしたら喜ばれるか」を考えることは、空室も少なくして安定収入を得ることに繋がります。 

アイディアを考えられるかどうかは、大家さんとして成功するために大事なことです。 

4-3 他の人に任せられる

 最初に「大家さんになるのに資格はいらない」とお伝えしましたが、これも大家さんに向いているかどうかの大事な要素です。

新しい趣味を見つけると自分で何でもやりたくなり、いつしか趣味が高じて仕事になったなんて方もいます。

大家さんはどちらかというと、趣味は趣味の範囲で留めておくほうが良いかもしれません。 

例えばサッカーチームの監督やコーチは、選手のプレイに問題があっても自分で試合に出ませんよね。

大家さんも「大家業」という仕事を上手く回すための指示さえできればいいんです。 

もちろん大家業を専業で行っている方もいます。

しかし、会社員などの本業を持ちながら大家さんになるなら、あくまで監督役として管理会社などに物件の管理を任せることが大事です。

時間や手間をかけて自ら不動産を管理する必要はないのです。 

5 大家さんになるまでの具体的な手順を解説!

大家さんになるのはハードルが高いことに思えますが、実はそんなに難しくないことがわかりました。 

5章では大家さんになるまでの流れを具体的に解説していきます。 

【不動産を取得するまでの流れ】

不動産投資の手順

何だか難しい手続きが多そうに思えますがご安心ください。

最初の物件を探すところから最後の引き渡しまでのことは、不動産会社の人が一緒に進めてくれますし、分からないことがあってもサポートしてくれます。 

もちろん用意すべき書類の準備や購入する物件を選ぶのは最終的に自分ですが、それらも不安があるなら不動産会社の人に相談しましょう。 

では、不動産を持った後の「物件を人に貸す」という流れを見てみましょう。 

【物件を人に貸す】

不動産投資の手順2

物件を人に貸すにも、色々な業務が必要に思えますね。

ただこれらも、管理会社や最初にお世話になった不動産会社の人に相談すれば、ほとんどのことをやってくれます。 

例えば最初の家賃設定ですが、最終的に決定するのは自分です。

家賃をいくらで設定するべきかなんて普通はよく分からないものですが、管理会社や不動産会社の方が、その時の相場や周辺環境に合わせて適切な家賃を知っていますので相談したほうが早いでしょう。 

また基本的には、入居者の募集から最後の再募集まで物件を管理してくれる会社が全部行ってくれます。

もちろん、最後の決定権は物件の持ち主にありますし、管理会社に任せっぱなしにして連絡にも応じないなんてことがないようにしましょう。 

このように、大家さんだからといって全ての事を自分で行う必要はなく、その業界のプロがしっかり支えてくれますので、大家さんに向いている人なら誰でも簡単に始められるのです。 

6 成功する大家さんになるためには「空室になりにくい物件選ぶ」こと

貯金箱とサラリーマン

大家さんになることは決して難しいことではないです。 

とはいえ、大家さんとなっても成功するかどうかは物件と自分次第。

無計画に悪い物件を買ってしまい、管理のこともロクに考えなければ大家さんとしてのスタートは失敗です。

そんなことにならないよう、最後に大家さんとして成功するコツをご紹介します。 

4-1 入居者の需要があるエリアで物件を探そう!

満室御礼

大家さんになったとしても、入居者がいなければ家賃収入は得られません。

誰でも大家さんになれるとは言っても、ちゃんと収入が得られる物件があってこそなのです。 

大家さんとして成功するなら、地方エリアよりも東京都内などの物件で探すことをおすすめします。

地方エリアだと家賃が安くて入居者に喜ばれそうですが、東京都比べて人口が少ないため、賃貸需要という面で不安が残ります。

その点、東京やその近郊エリアなら空室になってもすぐに次の入居者が見つかる可能性が高く、安定して家賃収入を得ることに繋がるのです。 

4-2 新築より中古を買おう!

大家さんになるんですから、どうせなら古い物件より真新しい物件を買いたいですよね。

でも、大家さんデビューするのに新築物件はNGです。 

新築物件は築2~3年後の物件と比較すると、おおよそ1割~2割程度高くなります。

新築時は家賃を高く設定できるメリットはありますが、初めの入居者が退去した際には中古扱いになり市場価格の家賃で勝負しなければいけません。

中古物件なら安い価格で購入することができますが、家賃は新築より安くなります。

特に東京のワンルームでいうと、築10年~15年くらいのワンルームマンションは新築と設備仕様はさほどかわりません。

ただ、家賃が安ければ入居者が途切れることは少なくなりますので、やはり安定した収入を得られます。

大家さんを始めるなら、無理して価格が高い新築を買うより、中古物件を買うことから始めるのが成功するための第一歩と考えましょう。

4-3 家賃水準の高い東京の物件を選ぼう!

「中古でも家賃が安いと…」

もしここが引っかかるようなら、1番目のコツを思い出してみてください。 

地方エリアより都内のほうが賃貸需要は高いとお伝えしましたが、これは家賃水準という点でも都内のほうが有利なんです。 

家賃が高いと入居者が見つかりづらいと思われるかもしれません。

確かにそれは間違いではありませんが、東京は日本全国から上京してくる方が非常に多く、日本を代表する企業や成功を目指す意識の高い人が集まる街です。 

職場に近くて利便性の良いエリアに住みたいと思うのは誰しも同じ。

だからこそ、東京の物件なら多少家賃が高くても借りてくれる人が多いんです。 

上記までの「高い賃貸需要」「安い物件を買う」「高い家賃水準」という最低3つを抑えられれば、長期的に安定した家賃収入を得られる成功大家さんになれますよ! 

まとめ

大家さんといっても、今の時代「サラリーマン大家」という言葉があるほどで、決して敷居は高くありません。 

とはいえ、誰でも始められるからこそ誰でも儲かるとは言えず、成功するためには最後に解説したようなコツを掴む必要があります。

もし本格的に大家さんを目指そうと思われるのであれば、本サイトでも様々な情報を公開しています。

特に以下の記事は今回オススメした中古マンションを運営するためのコツについて解説しています。

中古マンション投資に取り組むべき理由と成功へ導く3つのポイント【解説つき】

物件を選ぶポイントだけでなく、リスクの回避方法も詳しく解説しています。

是非これから大家さんになる人は参考にしてみてください!

月収+20万円の家賃収入をつくる!中古マンション投資セミナー【無料】

トラストセミナー
不動産投資は決して安い投資ではありません。
しかし、うまく運用できれば頭金たった10万円で月20万円の家賃収入を作り出すことが可能です。

このセミナーでは、サラリーマンの方が現実的に不動産投資を始めるために必要な知識をお伝えします。

不動産業界14年のプロが導き出した「失敗しないためにリスクヘッジを最大限にする手法」、かつ「実践的な不動産投資の勝ちパターン」を、参加者の方だけにお伝えします。

不動産投資勝ちパターンの一部
・「東京15区」に投資するべし!
・目先の数字にとらわれず資産価値を重視すべし!
・中古マンションに限定すべし!

本当に不動産投資で5回の成功と10回の失敗を繰り返した私だからこそわかる、物件の良し悪しの見極め方、満室経営を達成するノウハウをお教えします!